重要文化財「中之島図書館」

スポンサーリンク

重要文化財

「中之島図書館」

こんにちは!秀吉ヤングです。

今回は、国の重要文化財にも指定されている「大阪府立中之島図書館」について紹介したいと思います。

ネオ・バロック様式の建物で外観もさることながら、内観もこだわっていて中央ホールと大階段は半沢直樹に出てきた階段みたいな感じで、見た瞬間に「わ~すげ~」ってなること間違いなしです。笑

中之島図書館とは

はじめに、中之島図書館とは大阪の中之島にある公共図書館です。
中之島図書館では、大阪に関する文献や中之島というビジネス街としての土地柄もあり、ビジネス関係の資料や書籍に特化した図書館でもあります。

開館したのは1904年で、ネオ・バロック様式で建てられ、当初は「大阪図書館」という名前でした。
そのため、現在でも図書館の入口には「大阪図書館」と書かれています。

「大阪図書館」

1974年に、現在の「大阪府立中之島図書館」に改名しました。
そして、改名と同じ年に国の重要文化財に指定されています。

中央ホールと大階段

図書館の入口を入るとそこには中央ホール大階段が目の前に現れます。

ドラマ半沢直樹に登場した東京中央銀行の大階段に似ていて圧巻のスケールです。

そして、上の部分は美しいドーム状になっています。

また、階段を登り、左右にはブロンズ像が立っています。
このブロンズ像を作成したのは、長崎の平和祈念像を作った北村西望さんです。

右側の像は「野性」を表した像で、左側の像は「知性」を表しています。

館内施設

なんか色合いが刑務所みたい(刑務所行ったことないけど)

図書館としての機能だけではなく、館内施設としてライブラリーショップとレストランも併設されています。

また、予約制でレンタルスペースの貸し出し等も行っているみたいです。

開館時間等はこちらのホームページを参考にしてください。
大阪府立中之島図書館|つながる文化ステーション

さいごに

今の現代では、電子書籍などで本を読むことも多くなってきており、図書館を利用する人は年々少なくなってきていると思います。


しかし、中之島図書館のように建築物として楽しめるような図書館もあるので、みなさんもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

建築物に興味ある方はこちらの記事もおすすめです

コメント

タイトルとURLをコピーしました